このページのフィルター自動お掃除エアコンは、ダイキンの最新鋭モデル『うるさら7』です(2014年製)。メーカーのフラッグシップモデルでも普通のエアコンと同様にカビは防ぐことは出来ません。一度、送風口を覗いて汚れをチェックして見られるといいでしょう。汚れを放っておくと普通のエアコンよりも酷い状態になり、洗浄出来ない電装部品等にもカビやホコリが付着します。決してお手入れ不要では御座いませんので、このページと取扱説明書をよくお読みになってご使用下さい。

ダイキン最上位モデル「うるさらセブン」エアコンクリーニング写真

うるさら7

写真はダイキン最新鋭機種のフィルター自動お掃除エアコン、『うるさら7』です。
2014年に発売されたダイキンのフラッグシップモデル(最上位機種)になります。
今回は京都府木津川市のK様にご協力頂き撮影しました。
2014年製のもので、まだ1年のご使用です。

うるさら7の特徴

うるさら7の特徴は、エアコンの真下から空気を取り入れる垂直気流と呼ばれるお部屋の空気の流れを作るダクトが付いています。
(写真は、別日に作業したうるさら7です)

エアコンを分解しています。

前面パネル、ダストボックスフィルター、外装パネルを外した状態です。
次は電装部品、フィルター自動お掃除ユニットを外します。

取り外した部品類です。

取り外した部品類です。フィルター、外装パネル、 送風口のルーバー、フィルター自動お掃除ユニット等。

上下が筒抜けになっています。

この機種は、エアコンの真下からもお部屋の空気を取り込むために壁側の上下が筒抜けになっています。(画像はお掃除ユニットの後ろ半分です)

垂直気流

壁側下部からも空気を取り込むための通路があり、その為お掃除ユニットが覆うように本体下部まで伸びています。

お掃除ユニット

エアコン設置の問題ですが、天井との隙間が少ない為、お掃除ユニットの後ろ半分が、今回は取り外すことが出来ませんでした。

お掃除ユニット

あと4cm程余裕があれば取り外せたのですが、斜めにしても天井との隙間が少ない為、無理でした。今回は手で持ち上げて、ずらしながら洗浄します。

熱交換器です。

エアコン本体の熱交換器です。まだ使用が1年なので、ホコリの付着はマシですが、カビで茶色くなってました。

熱交換器の洗浄後です。

熱交換器の洗浄後です。ホコリも取れてカビ汚れも無くなりました。勿論、エコ洗剤で洗浄しています。

風の吹き出し口の洗浄前です。

風の吹き出し口の洗浄前です。奥に見えるのが送風ファンです。ホコリが付いて汚れで茶色くなってますね。

洗浄後です。

洗浄後です。奥に見える送風ファンが綺麗になりましたね。元の色は黒でしたね。

エアコンクリーニング後

エアコンクリーニング後です。今から部品を取り付けます。

フィルター自動お掃除ユニット

フィルター自動お掃除ユニットを取り付けました。

外装パネル、フィルターを取り付けました。

外装パネル、フィルターを取り付けました。自動お掃除を余りあてにせずに時々は、ご自分でフィルターを洗いましょう。

ダストボックスも月1回は掃除。

ダストボックスを取り付けました。ダストボックスも月1回は取り外して溜まったホコリを捨ててくださいね。

動作確認をして終了。

前パネル、ルーバーを取り付け、動作確認をして終了です。

最新鋭モデル。

最新鋭モデルでもカビやハウスダストは防げませんので、しっかりと説明書を読んでお手入れくださいね。

エアコンクリーニングのお問い合わせ・ご依頼はこちら
お電話の場合は、0774-27-6012(午前9時~午後7時)まで。

エアコンのお掃除作業写真集まだまだ御座います。是非ご覧ください。