エアコン

エアコンクリーニングのご依頼サイクルを少しでも長くして、余計な出費を極力減らしていただくためにこのページを作りました。
ハウスクリーニング京都のねこの手は、環境にも身体にも安全な無公害型エコ洗剤によるエアコンクリーニングをしていますが、皆さんのお財布もエコになればと思い、ご家庭で出来るエアコンの掃除方法、お手入れの仕方、やり方をご紹介いたします。

エアコンはどうして汚れが溜まるのか?どうしてカビが生えるのか?

エアコンを数年使用するとカビやホコリなどでエアコン内部が汚れてきますね。世間一般でもやっと認識されるようなりましたね。

エアコンがお部屋の空気を吸い込む力は相当なもので、掃除機の約7倍の力があると言われております。
空気中には、ホコリ、ハウスダスト、カビの胞子等、身体に良くない物質が沢山浮遊しており、エアコンを点けるとお部屋の空気と一緒にそれらを取り込んでしまいます。

細かいホコリやカビ、ハウスダスト等はエアコンのフィルターを通過してエアコン内部に侵入し、熱交換器や送風口、送風ファンに付着します。

エアコンにカビが発生するのは、冷房や除湿運転時に取り入れた空気を冷やした時に起こる結露でエアコン内の湿度が上がり、停止後にエアコン内に湿気が残った状態で、お部屋の温度も上るため、カビが急激に増殖します。

エアコン内部は梅雨時期のお風呂場と同じようなものです。湿気が多い状態のお風呂場って直ぐカビが生えてきますよね。同じようにエアコンも湿ったままだとカビが生えてしまうのです。

エアコンを運転すると花粉症、もしくは風邪っぽい症状になったり、咳が出たりしませんか? それはエアコンから出る汚れた空気を吸い込んで出るアレルギー症状の夏型過敏性肺炎と言う肺炎の一種です。
喘息やアレルギー体質の方、小さなお子様や赤ちゃん、お年寄の方や免疫力が下がっている方は要注意です。

エアコンの汚れ具合のチェックポイント

風の吹き出し口のルーバー(スイッチを入れると動く横長のフラップ)を手で開けて携帯のライト等で中を照らして覗いてみて下さい。送風ファン(丸い筒のようなもの)が見えますね。

送風ファンにホコリが沢山付いていたり、吹き出し口周りに黒い斑点状の汚れが付いていたら、ご自分での掃除は、もう手遅れだと思って下さい。迷わずエアコンクリーニング業者にお願いしましょう。

風の吹き出し口。

風の吹き出し口の画像です。真ん中に見える筒状のものが送風ファンです。ホコリやカビで結構汚れていますね。

綺麗な風の吹き出し口

汚れていない風の吹き出し口です。 奥に見える送風ファンにホコリやカビが見当たりません。

エアコンのお手入れ方法の紹介

  1. 基本ですが、エアコンのフィルターはマメに掃除する!

    エアコンフィルター

    お部屋の環境にもよりますが、特にホコリの目立つお部屋などは頻繁に取り外して掃除して下さい。掃除機で吸うだけだと埃は取れてもカビの胞子や雑菌が残ります。方法としてはお風呂のシャワーや散水ホースで埃の付いてる面の裏側からシャワーの勢いで埃を落とし、その後に洗剤で洗って下さい。フィルターは二週間に一回位は、お掃除したほうが良いでしょう。ホコリが溜まっていると電気代も余計に掛かってしまいます。

  2. お部屋の空気を毎日入れ替える(換気をする)!

    窓を開けて換気する

    お部屋の空気は換気をせずに半日閉め切っているだけで、外気の2倍以上の汚れになると言われています。閉めきって汚れた空気が充満する状態でエアコンを使用すると、それだけエアコンの内部が汚れやすくなってしまいます。 毎日、各お部屋の窓を10cm程開けて空気の入れ替えをしましょう。換気扇も回せばさらに効果的です。

  3. お部屋の掃除をマメする!

    お部屋もマメにお掃除しましょう。

    いくらエアコンを掃除してもお部屋のホコリが多いと結局はエアコンが吸い込んでしまいます。当たり前ですがお部屋もマメにお掃除しましょう(実はこれが一番大事です)。

  4. 冷房・除湿運転後は、送風運転を10分~20分程するか内部乾燥機能を使う!

    内部乾燥機能を使う!

    機種にもよりますが、送風か内部乾燥機能のあるエアコンなら毎回行いましょう。これだけでカビの生え方が全然違ってきます。冷房・除湿運転後にエアコン内の湿気を取る為です。

  5. 空気清浄フィルターは定期的に取り替える!

    空気清浄フィルター

    エアコンのフィルターの掃除はマメにしておられる方もおられますが、意外と空気清浄フィルターのお手入れは忘れがちです。このフィルターは洗えるものと洗えないものがあり、定期的に交換が必要な消耗品です。機種によりますが、早いものは3ヶ月~半年、長くても2~3年ごとの交換が必要です。取扱説明書に明記してありますのでご確認下さい。また空気清浄フィルターだけでなく最近の機種は色々なフィルターが備え付けてありますので、ご確認下さい。

  6. 冬場に加湿器を使われる場合は出来るだけエアコンから離して使用する!

    冬は乾燥するからカビが出にくいと思って安心してはいけません。冬場は乾燥するのでよく加湿器を使われますね。エアコンの直ぐ近くで加湿器を使用すると加湿した空気をエアコンが先に吸い込んでしまうため、エアコン内がカビだらけになります。エアコンと加湿器を併用する場合は注意しましょう。

  7. 市販のエアコン洗浄スプレーは使用しない!

    ホームセンターなどに良く売っている市販のエアコン洗浄スプレー。シーズンになると大変よく売れていますね。使った方なら恐らくお分かりだと思いますが、確かにスプレーした箇所はキレイになったように見えますが、熱交換器の見えている表側だけををキレイにしても裏側や送風ファン、吹き出し口の汚れはどうやって落とすのでしょう?しかもスプレーの液量では汚れを外の排水パイプまで流しきることが出来ません。エアコン洗浄スプレーを使った後に余計に臭いがしてくるのは、流れきらなかった汚れがドレンパン内で固まり、そのせいで余計に臭います。一部分だけキレイにしても意味がないのです。エアコン洗浄スプレーだけでキレイになるのなら今現在エアコンクリーニング業者は存在しませんよね。

  8. お掃除機能付きのエアコンもカビには要注意です!

    窓を開けて換気する

    機能が進化し、自動でエアコンのホコリを掃除してくれる機能が付いた機種も登場しましたね。でもご注意いただきたいのは、そんな高性能エアコンでもカビやハウスダスト、タバコのヤニやお料理時の油汚れ等は防げません。フィルター自動お掃除エアコンもお手入れ不要では御座いませんのでご注意くださいね。

注意

実際にお手入れに取り掛かるまえに必ずエアコンの説明書をご覧になって下さい。最近のエアコンは色々な機能が付いたものが出回っており、機種によりお手入れの仕方や消耗部品の交換サイクル等も違います。必ず取扱説明書で確認し、ご自身の責任のもとで行って下さい。

エアコンクリーニングのお問い合わせ・ご依頼はこちら
お電話の場合は、0774-27-6012(午前9時~午後7時)まで。