看板ねこ

このページでは、お掃除には欠かせない洗剤のことをわかり易くご紹介しております。一般の方にも洗剤の知識を身につけて頂いて、ご家庭のお掃除に役立てて頂くために作りました。

ハウスクリーニングをご依頼になる前にご家庭で出来るお掃除(お手入れ)の仕方、やり方をご紹介したいと思います。一般の方にも分かり易いように専門的な技術や用語を極力使わないで、ご説明致しております。

洗剤の知識を得ることで、お掃除が楽になり、ご自分でお手入れをすることにより、お住まいを常にキレイに保つことが出来ます。

またハウスクリーニングに依頼する回数も減らすことが出来、費用も節約できます。もし手に負えなくなったら、ご依頼を心からお待ちしております。

先ずは汚れと洗剤の種類を知る。

汚れの性質は、主にアルカリ性、中性、酸性の三つに分かれます。汚れの大半は酸性ですが、例を挙げるとキッチンなどの油汚れは酸性汚れ、トイレの尿石はアルカリ汚れです。お掃除時に選ぶ洗剤の基本は、汚れの性質とは逆性のものを使用するのが通常です。

次に洗剤ですが、洗剤と言っても種類は沢山御座います。ホームセンター等の洗剤コーナーには、市販の洗剤が山ほど有りすぎて、選ぶのにも一苦労ですね。先ずは洗剤の種類を成分で大まかにご紹介します。

洗剤は液の性質で分けると、アルカリ洗剤、弱アルカリ洗剤、中性洗剤、弱酸性洗剤、酸性洗剤が御座います。PH値(ペーハー値)と言うのをご存知でしょうか?小学生の理科の授業で習ったと思いますが、リトマス試験紙を液体に漬けると色が紫や赤に変化したのを憶えていらっしゃいませんか?その実験で液性(PH値)の測定が出来ます。

この洗剤の性質(PH値)は、お掃除の際に汚れや洗浄面(素材)に与える影響が大きく異なるので、洗剤のPH値を把握しておくことが大変重要になります。
ちなみに市販の洗剤の表示説明に必ず明記されていますので、ペーハーテストをしなくても分かりますのでご安心くださいね(笑)。

また、液の性質の他にもカビに効果を発揮する塩素系漂白剤、研磨剤の入った洗剤(クレンザー)等、色々な助剤を加え用途に合わせた洗剤も御座います。

では順に洗剤の種類をご説明いたします。

マジックリン住居用洗剤台所用洗剤中性洗剤サンポールカビキラー